代表的な発酵食品と期待できる効果

何となく身体に良いというのは知っているけれど、具体的にどう良いのかは分からない。発酵食品にこのようなイメージを抱いていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

納豆

納豆発酵食品というとまず納豆があります。納豆にはタンパク質分解酵素であるナットウキナーゼが含まれており、このナットウキナーゼは血液をサラサラにする効果があると言われています。

また納豆は大豆ですので、女性特有の症状を改善する作用を持つイソフラボンを摂取する事もできます。

ヨーグルト

ヨーグルト次にヨーグルトも発酵食品として有名ですが、こちらは美肌効果やアンチエイジングが期待できます。善玉菌は乳糖を餌として増えますが、ヨーグルトにはこの乳糖が含まれている他、悪玉菌が住みにくい腸内環境を作り出す乳酸菌も含んでいます。

腸の調子が悪かったり便秘気味ですと肌も荒れてしまいますので、腸内環境を改善する事が美肌に繋がるのです。

その他(味噌、醤油、チーズ等)

味噌それ以外では老化防止や抗がん作用、コレステロールの吸収抑制が期待できる味噌、血糖値や血圧抑制が期待できる醤油、整腸作用や疲労回復、抗がん作用のある漬物などもありますし、粘膜や皮膚の保護、脂肪燃焼作用を持つチーズ、動脈硬化の予防や抗酸化作用、抗がん作用、血圧抑制はワインが良いと言われています。

外食やファストフードばかりの食生活を送っていると、こうした発酵食品を摂る機会は少なくなりますので、健康のためにも日頃から意識して摂るようにしてみてはいかがでしょうか。

発酵食品が身体に良いのは乳酸菌の力が大きい

最近健康にとてもよいとして注目を浴びているのが、発酵食品です。発酵食品が体に良い理由の一つは、乳酸菌が豊富に含まれているからです。

乳酸菌は人間の体内にも多く存在していて、ほとんどが小腸で生息しています。この乳酸菌は糖を分解して乳酸を作り出しますが、これが腸を刺激してくれます。

すると腸の動きが活発になりますので、便秘にとてもよいのです。また、便の水分量も調整してくれますので、スルッとスムーズに出せるお通じのために欠かせない存在です。

乳酸菌の効果は底が知れない

最近では乳酸菌の研究がどんどん進んでおり、お腹の調子を整えるだけでなく、免疫力を高めてバランスも調整する、アンチエイジングに役立つ、ダイエットができるなどの効果が期待されています。

例えば免疫力を上げることができる、ということは、風邪やインフルエンザ、肺炎などの病気から身を守ることができる、ということです。

また、免疫のバランスも整えてくれますので、花粉症などのお悩みにもぴったりなのです。

善玉菌を増やすために

こうした善玉菌は体内にたくさん生息していると書きましたが、実は対策をしなければ、どんどん善玉菌は減ってしまいます。

なぜなら、便とともに排泄されますし、ストレスや飲酒などによって数を減らしてしまうからです。また、加齢によっても減ってしまいます。

そこで、例えば発酵食品であるヨーグルトを食べることをおすすめします。善玉菌が多く含まれているからです。乳酸菌サプリメントなどで摂取するのも手軽ですし、善玉菌を多く摂取できますので効率的です。

乳酸菌サプリメント選びに役立つサイト

(参考)乳酸菌サプリマニア

腸内環境を整えることで体質を改善できる

腸内皆さんは腸内環境、荒れたりしていませんか?一般的に便秘がちな方、下痢をしがちな方、またはその両方を繰り返す方などお腹に悩みを抱える方は多いでしょう。いずれもやはり腸内環境に何かしら問題があるのかもしれません。その腸内環境を正常に整える働きを持つのが発酵食品です。

一口に発酵食品といってもたくさんあります。チーズやヨーグルト、キムチやザーサイ、納豆はもちろん、調味料であるしょうゆや味噌やお酢も立派な発酵食品たちです。

腸内に存在する3種類の菌

そもそも発酵食品を摂取するとどんな風に腸内に対して作用するのか。それは簡単に言うと善玉菌、悪玉菌、日和見菌3つの菌のバランスによって成り立っているということが言えます。

善玉菌は文字通り腸内に秩序をもたらす存在で、日々悪玉菌と戦っています。善玉菌が優勢であれば腸内は穏やかな状態を保てるのですが、悪玉菌が優勢だと、何かしらのお腹のトラブルが生じてきます。こうして2つの腸内細菌の勝負の行方を左右するのが日和見菌です。

この菌は非常に現金で、優勢な方に傾くため、悪玉菌が増えてくると、そちら側に加担します。状況を判断しその時に応じて寝返るのです。そのため腸内の善玉菌を常に優勢にしておけば日和見菌は味方してくれるというわけです。

腸内細菌について、もっと詳しく知りたい人は

(参考)代表的な腸内細菌 | 大塚製薬

発酵食品を食べて善玉菌を増やす

そこで効果を発揮するのが発酵食品です。発酵食品は悪玉菌の増殖を抑える働きがあるので、善玉菌が増えやすい環境を作ってくれるのです。とはいえ食べ過ぎはよくありませんので、バランスよく食事に盛り込み、腸内環境を常に良い状態に保つことが大切です。

ページの先頭へ