カンジダの再発防止に!食べて良い菌・ダメな菌

カンジダ菌は皮膚や口腔、胃や腸や膣など、身体のあちこちに住みついている常在菌で、普段は特に問題のない菌ですが、疲労や睡眠不足などによって免疫力が低下すると菌が増加します。女性の多くが悩まされたことがあり、再発しやすい特徴を持っています。

カンジダ菌を増殖させる食べてはダメな菌

チーズ&牛乳カンジダ菌は真菌と言われたり、イースト菌の仲間と言われたりする二形性に属します。糸状菌というカビの性質もあるため、カビの生えやすいものや発酵食品などが好物です。イースト菌を含むパン類、糸状菌であるキノコ類、チーズや牛乳、味噌や醤油などの発酵食品も菌を増殖させてしまいます。

しかし徹底的に避けていると食べる物がなくなってしまいますし、味噌や醤油は日本人には欠かせません。便秘からカンジダを発症するケースもあり、そのような人は牛乳で便通が整う人もいます。

カンジダを撃退してくれる菌

ヨーグルト少し紛らわしいのですが、ケフィアやヨーグルトは乳酸菌やビフィズス菌を含んでいますから、体内環境を整えて善玉菌を増やしカンジダを撃退することができます。発酵食品は健康に良い食べ物ですから、絶対に食べないというのではなく、量を減らしてみるとか、回数を減らすなどの工夫をするのが賢明です。

菌に良くないとされる食品を挙げれば限りがないので、どの食材や調味料を選ぶかは、それぞれの置かれている環境や、生まれ持った体質などを考慮した上で選択しましょう。食べ物に神経質になるより、規則的な生活をしたり、ストレスや疲労を溜めない日常を送るように努めることも大切です。

ページの先頭へ