発酵食品を語るなら外せない酵素のちから

ぬか床発酵食品を作るのに必要な成分の酵母は生き物で、キノコやカビと同じ微生物で真菌類になります。食品に酵母を混ぜると、その中に含まれる糖分をアルコールと炭酸ガスに分解してさらに副産物として酵素を作り出します。

体内での働きは、物を食べた後の消化と吸収、細胞の代謝、老廃物や不要な物を体外へ排出することで、体にとって欠かせない成分になっています。

酵素はタンパク質の一種で非常にたくさんの種類がありますが、各酵素の活動範囲は限られています。熱に弱い性質なので、効率良く取りたいときには生の物かあまり熱を加えていない食べ物を摂ることがおすすめです。生の食材では大根や山芋、キャベツなどが適していて、発酵食品では納豆、ぬか漬け、ヨーグルトなどがあります。

発酵食品は栄養面から見てもとても優れていて、酵母や乳酸菌などが食品の発酵を促すことで、新たな作用が生まれることもあります。納豆菌に含まれるナットウキナーゼは血栓を溶かす作用をもっているため、血液中の脂質が多い方や肥満気味で生活習慣病が気になる方に最適の食材です。

ぬか床には酵素が豊富

ぬか漬けを作る時のぬか床にはたくさんの酵素が入っていて、その中に野菜を漬け込むことでぬかの栄養が野菜にしみ込んで、成分を体に取り込めます。ぬか床は温度の管理と毎日の手入れが大変ですが、微生物が快適に過ごせるようにしておくと、おいしい発酵食品が毎日手軽に食べられます。

ぬか床の栄養成分や健康効果を知りたい人は

(参考)ぬか床の健康効果

発酵食品を食べることは消化や吸収の手助けになり、代謝を高める働きもあるので、普段から健康状態に不安を抱えている時には、食事に発酵食品を加えてみるのも良い解決策になります。

ページの先頭へ