発酵食品が免疫力の向上に効果的といわれる理由

微生物の活動によってつくられる発酵食品は、現在では、ヨーグルトやチーズ、納豆、味噌など個性豊かな食品が当たり前のように食べられています。

発酵食品は微生物の働きによってアミノ酸やビタミン、ミネラルなどの栄養価を高めてくれるので、免疫力向上に有効な栄養素を効率よく摂取できます。

ビタミンB2の増加で免疫アップ

ビタミンB2のサプリメントたとえば、日本の発酵食品の代表ともいえる納豆は大豆を納豆菌の働きによって発酵させた食品ですが、この納豆菌の働きによって大豆が元々持っているたんぱく質やビタミンB2が顕著に増加することがわかっています。

特に、ビタミンB2は代謝機能を高めるとともに、皮膚や粘膜を強化する機能があるので、積極的に摂取することでウイルスやがん細胞に対抗するためにつくられるリンパ球やNK細胞などの免疫細胞の生成をスムーズにするとともに、のどや鼻の粘膜を強化してウイルスや細菌への抵抗力を高める効果が期待できます。

つまり、大豆は納豆菌で発酵させることで免疫力向上に有効な食品に変化させることができるというわけです。

腸内環境を整えて腸管免疫を活発化

腸管免疫一方、口や鼻からに侵入した病原体はやがて腸内まで到達しますが、腸には病原体を阻む強力な免疫機能(腸管免疫)が備わっているので、そのすべてが体内に侵入することはありません。

しかし、腸内環境が悪化して腸内で悪玉菌が善玉菌より増えると腸管免疫がうまく機能しなくなるため、病気にかかりやすくなります。

これに対してヨーグルトやお漬物には腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やす効果が期待できる乳酸菌が含まれています。

特に、日本伝統の発酵食品であるお漬物には、非常に生命力の強い植物性乳酸菌が豊富に含まれており、野菜には食物繊維も多く含まれているので、相乗効果で腸内環境を整えて腸管免疫を活発にする効果が期待できます。

このように、発酵食品は免疫力を向上させるために栄養素が豊富に含まれている食品なので、積極的に食べることをお勧めします。

腸管免疫について詳しく知りたい方に参考になるサイト

(参考)食生活と腸管免疫・アレルギー

ページの先頭へ