身近にたくさんある!発酵食品の種類

様々な発酵食品発酵食品は食べ物に含まれている善玉菌が腸に住み着くことで、腸内の環境を良くしてくれます。腸の環境が整うと、便秘が改善され、腸の吸収力が高まって栄養がよく回るようになるので免疫力が高まります。代謝が良くなるので美肌作用もあることから、健康だけでなく美容面でも役に立つ食品です。

発酵食品で有名なのがヨーグルトですが、他にもたくさんの種類の発酵食品があるので、毎食違った種類のものを食べるようにすると、飽きずに善玉菌を吸収できて便利です。キッチンにある食品や調味料を見てみると、意外と多くの発酵食品があるのに気が付きます。

味噌や醤油などは大豆を酵母と麹菌で発酵させたもので、味噌の場合はさらに乳酸菌が加わります。液体または軟らかい食品の印象がありますが、和食の命ともいえるダシをとるためのカツオ節は実は発酵食品です。カツオ節には2種類あって、カツオを煮込んで煙でいぶした荒節に、麹カビの一種の鰹節菌で発酵させた枯節がこれに当たります。

おかずやおつまみに食べられる、イカの塩辛は酵素によって発酵したもので、乳酸菌を利用したキムチ、納豆菌を使った納豆なども該当する食品です。ピザやオードブルに利用されるサラミやチーズ、晩酌のときの焼酎やビールなども発酵食品になります。

こうして食卓を見直してみると実にたくさんの種類があることが分かり、材料をうまく選ぶと毎日善玉菌を補給することができて、腸の状態を良くすることにつながります。

ページの先頭へ