長寿国を支えている発酵食品と腸の健康

女性発酵食品は健康によいことが知られています。例えば最近研究がどんどん進んでいる腸内細菌ですが、その中でも健康にプラスとなる善玉菌というものがあります。

これは乳酸菌やビフィズス菌、納豆菌などがあります。こうした善玉菌はヨーグルトなどに多く含まれています。実際、世界的に長寿な地域として有名なコーカサス地方では、発酵乳製品が多く食べられています。

日本も発酵食品が数多く作られた来た歴史があります。例えば納豆はビタミンBやマグネシウムなども豊富で、納豆菌も多いです。

味噌やしょうゆなども栄養豊富ですし、お漬物は塩分という問題はありますが乳酸菌が多く入っています。

腸の健康が長生きの秘訣?!

日本は世界的にも長寿な国ですが、その理由の一つはやはり、発酵食品を多く摂取するという食生活にあると考えられています。

長寿と発酵食品との関係についての紹介記事

(参考)長寿と発酵食品(1) | 大和薬品株式会社

それではなぜ、長寿につながるのでしょうか。まずは発酵食品に含まれる善玉菌が、腸を健康にするからです。善玉菌は便秘や下痢によいので、腸を健康にできます。

腸は免疫力を高めるためにとても大切な器官ですので、腸が健康であれば病気にもかかりにくくなり、長生きできるというわけです。

また、腸の悪玉菌は老化の原因である活性酸素を生み出してしまいますが、善玉菌を増やせれば悪玉菌を減らせて、活性酸素の量も減らすことができます。

他にも発酵食品は栄養素が豊富になりますので、ビタミンなどをしっかり摂取できて、体の組織や神経などを健康に保てる、というのも長寿の理由といえます。

ページの先頭へ