毎日の献立に取り入れられる発酵食品メニュー

発酵食品は体に良いとされています。納豆、ヨーグルト、味噌、醤油などは発酵食品です。発酵食品は血液を作り、体を温めます。冷え性の改善などにも良く、健康の為にも毎日摂った方が良いでしょう。

日本では昔から味噌や醤油などの発酵食品である調味料が使われてきました。これらを料理に使うことで味に旨みを加えると共に健康を保つことができます。和食は今、海外でも人気がありますが、レシピとして味噌、醤油を使った料理が日本にはたくさんあります。

1日1杯の味噌汁が健康に効く

味噌汁味噌や醤油は摂り過ぎなければ味も濃厚になり過ぎず、味付けも淡白なものができます。味噌を使ったレシピとして真っ先に浮かぶのは味噌汁でしょう。日本ではご飯のお供としてご飯には味噌汁が付き物です。健康の為にも一日一度は味噌汁を飲んだ方がいいとも言われています。

だしも煮干やかつお、昆布といった魚や海藻からとっていて、魚の栄養素と海藻の栄養素も一緒に摂ることができます。具材は季節の野菜や豆腐などを入れて、また野菜を何種類か入れて具沢山の味噌汁とすれば野菜からビタミンも豊富に摂る事ができます。

他の味噌を使ったレシピとしてはこんにゃくの味噌田楽や炒め物としても美味しく頂けます。夏の野菜で、なすとピーマンの味噌炒めなどは味噌を使った料理としても定番です。

納豆は朝食にご飯と一緒に食べられる方も多いかと思われます。ご飯と一緒に食べるだけでなく、パスタやチャーハン、またオムレツなどに入れても美味しく頂けます。食パンに乗っけてチーズを乗せて納豆トーストとして食べるのも美味しいです。

発酵食品は体を作る健康食品でもあるので進んで取り入れたい食品の一つです。

ページの先頭へ