妊婦さんの心強い味方!妊娠中の悩みを発酵食品で解決

妊娠中、特に初期は、つわりや眠気、だるさなど、予防が難しいマイナートラブルが数多く付きまといます。さらに、実は妊婦さんはおなかの調子も崩れやすく、便秘や下痢に悩まされる方も少なくありません。

しかし、お腹の不調は発酵食品で予防ができるのです。辛い症状が数多く続く時期、予防できる体調不良は是非対策を取っておきたいものですね。

お腹の調子を良くするには、腸内環境を整えることが大切というのは有名な話です。腸内環境というのは主に善玉菌と悪玉菌のバランスによって決まります。善玉菌を増やすことは、健康面でたくさんのメリットがあります。

妊娠中の悩みの多くに発酵食品が有効

妊婦善玉菌が増えると消化吸収が促進され、免疫力が高まります。また、感染症などに対する抵抗力がアップするため、免疫力が下がって様々な感染のリスクが高まっている妊婦さんにはとても有益と言えるでしょう。そして、腸内環境が整うので便秘や下痢の予防にもなるのです。

善玉菌を増やすには、善玉菌を増やす効果のある食べ物を日頃から積極的に取り入れることが大切です。

たとえば、ヨーグルトや納豆のような発酵食品は、乳酸菌や納豆菌が含まれており、腸内の善玉菌を増やす効果があります。また、昔ながらの糠漬けなどの漬物や味噌、醤油なども発酵食品です。

さらに、キムチやチーズなども人気です(妊婦さんは加熱処理されていないチーズではなく低温殺菌されたものチーズを食べましょう)。

つわりでも食べやすい発酵食品を探そう

一口に発酵食品と言っても様々な種類のものがあるので、つわりの時期も自分が食べやすい発酵食品を見つけてうまく取り入れるといいですね。

ただし、発酵食品には塩分が豊富な食品も多いもの。つわりの時期は特定のものしか食べられない人は多いですが、つわりが落ち着いたら塩分の摂り過ぎに注意するためにも、摂取量はきちんと考えた方が良いでしょう。

ページの先頭へ