発酵食品を作るうえで欠かせない酵母のちから

カメヤマ酵母発酵食品にはビールや日本酒、チーズやパンなどがありますが、これらの食品を作るのに欠かせないのが酵母です。単細胞の微生物で、食品に含まれる糖分を分解してアルコールや炭酸ガスを発生します。この過程が「発酵」と言われる状態で、私たちの身の回りにはたくさんの発酵食品があります。

酵母にはたくさんの種類があり植物や土などにも存在していて、パン作りに向いているもの、日本酒作りに適しているものなど、それぞれの食品作りに合った酵母が利用されています。本来は食品を作る工程で必要な菌という認識だったのですが、研究の結果食品作りに欠かせないだけでなく、人の体にもとても役に立つ成分という事が分かりました。

発酵過程で得られる酵素も有用

ダイエットに良いと言われる酵素ドリンクに含まれている酵素は、発酵の過程で生み出されるもので、食べ物の消化や代謝をする際に必要な成分です。

酵素ドリンクによるダイエットの体験談

(参考)短期ダイエットに成功した方法

酵母の活用には温度管理が大切

発酵中のパンパン作りではパン生地の中に入れて発酵させます。生地をしばらく寝かせておくと膨らんでくるのは、糖分を分解して炭酸ガスが発生しているからで、発酵が順調に進んでいる証です。

発酵食品を作る時に大切なのが温度管理で、微生物なので温度が低いと活動が弱まり、温度が高いと死んでしまいます。おいしい発酵食品を作るためには微妙な温度の管理が必要になり、酒蔵などでは経験を積んだ職人たちが作業を行なっています。

酵母は発酵食品をおいしくするだけでなく、腸の働きを良くする作用があります。腸の状態が不安定なときに摂るようにすると、善玉菌の働きを補助することができます。

ページの先頭へ