発酵食品の王様!ヨーグルトの効果と食べ方

ヨーグルトは牛乳や水牛、羊の乳などに乳酸菌や酵母を混ぜて作る発酵食品です。毎日食べる事で生活習慣病が改善され健康に良いことがたくさんあります。

原料の牛乳に含まれるたんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどの成分がすべて含まれており乳酸菌により分解されているため牛乳より消化吸収に優れています。お腹のビフィズス菌が増えるので腸内環境を整え、善玉菌が増えます。

ヨーグルトに期待できる効果

ヨーグルトヨーグルトを食べる事でアレルギー反応を抑えたり風邪の防止になるなど腸にウイルスや細菌が入るのを防ぐ役目をしてくれます。便秘改善や老化や生活習慣病予防に効果的です。生まれたての赤ちゃんの腸内環境は善玉菌が多いのですが、成長と共に善玉菌が減少し高齢になると更に減少して悪玉菌が増えていきます。

発酵食品をとることにより善玉菌を増やす事が健康維持のために大切です。乳酸菌には種類がたくさんありそれぞれの乳酸菌には効果に違いがあります。ピロリ菌退治に有効な乳酸菌はブルガリア菌です。ピロリ菌が減少すれば胃潰瘍や胃がんの防止に役立ちます。花粉症に効果のある乳酸菌もあります。

美容に効果のある乳酸菌もあります。上澄みには美肌作りに欠かせない良質なたんぱく質が含まれています。

ヨーグルトの上澄みで美肌になる方法

(参考)捨てないで!ヨーグルトの上澄みで美肌になる裏ワザ♪

ヨーグルトは牛乳に比較すると下痢になりにくいですが下痢気味の方は温めて飲むと飲みやすいです。発酵食品であるヨーグルトに含まれる乳酸菌の効果の違いを認識して上手にとる事が健康維持の秘訣です。

ページの先頭へ